アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

ブログを放置したまま2009年になってしまいました~。
このところママイキに携わっていてこのブログが更新できずにいます。

パソコンが重すぎて携帯ばっかりですから、書きたい記事もなかなか書けず、若干ストレス。
思い切ってこのブログはもう終わりにしようと思います。

最後に我が家の現状報告を。

★娘5歳のアレルギー
卵・大豆・小麦・米がNGな娘。これらの食品を食べる前にインタールを飲んで食べてます。
回数を抑えて食べ過ぎなければOK。食べ過ぎちゃったらザジデンを飲んで、キンダベートをぬります。
食べ過ぎた場合の症状。
手の甲、手足の関節、おへそ周りなどにかゆみの強い湿疹が出ます。(数時間後くらいに)
たいていかきむしってしまい荒れた状態になります。
また米を食べ過ぎると足が痛くなります。(寝られないほど)

2歳半から3歳半くらいまで除去し、その後は食べたり止めたりを繰り返して、食べられる量はだいぶん増えました。
食アレが分かった当初は夜も寝ながらずっとぼりぼり掻いてましたが、今はすっかりキレイな肌です。
最近は何をどれくらい食べるかは娘に選ばせることも多くなりました。
そうすると案外食べ過ぎることは少なかったりします。
火の通ってない卵、調味料・豆腐以外の大豆製品は薬を飲んでも少しで症状がでますね。

幼稚園は完全弁当ですが、クリスマス会にはケーキが出ました。
小さいものなので、インタール服用でみんなとおなじものを食べました。
なんともなかったです~! 良かったです。

小学校の給食も大丈夫なよう、大豆関係をもう少し食べられるようにしたいです。
小麦・米の解除を今まで重点的にやってたので。

★娘5歳の卒乳
まだ、がっつりおっぱい飲んでます。
私のおっぱいも結構出るので・・・娘も満足な模様。
娘の除去食を始めたのが2歳半。いままで食べていたドーナツやらうどんやら食べられなくなった上に、おっぱいまで取り上げることは出来ませんでした。
それ以来、自然卒乳を目指していますが・・・いっこうに卒業しません。
まあ、気持ちが揺れることは多々ありますがいつやめるかは娘次第です。
おかげで風邪はひきにくく、熱は滅多に出さないし、インフルエンザもまだかかったことがありません。
脳にも栄養がたっぷり行って、賢い子になるでしょう。(とでも思わないと長期授乳はしんどくてやってられまへん。)

★息子1歳のアレルギー
血液検査ではオール陰性でした。
でも貨幣状湿疹が出来たり、耳切れしたり。
でもだんだんましになってきてますね。
とりあえず、アレルギーのコップがあふれないよう、五大アレルゲンは偏って食べさせすぎないよう、気をつけてます。

★息子1歳の卒乳
もちろんお姉ちゃんとタンデム授乳でがんがん飲んでます。
息子にとってはおっぱいはお姉ちゃんと共有するのが当たり前。
ちょっぴり不憫に思うこともありますが、お姉ちゃんとのスキンシップは上の子が経験できなかったことですから、下の子なりのメリットもたくさんありますよね。

息子の新生児ニキビや貨幣状湿疹はかなり母乳でなおしました。保湿も母乳でまかなっています。
安心安全な母乳ローション、おすすめです。ステロイド以上の消炎作用があると聞いたこともあります。
対処療法ですが、かなりおすすめです!!


マルチアレルギーッ子でも、自然卒乳なんとかなります。
私も一緒に除去していた時期が長かったですが、今は私の除去なしでいけるようになりました。
しんどかったけど、続けて良かったと思っています♪


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。